梅雨の時に膝が痛くなるのはなぜ?生活で注意したいこととは?

体の悩み

過ごしやすい季節になったと思えば、ジメジメした梅雨の時期がやってきますね。

梅雨の時期には、膝が痛くなるといった声もよく聞きます。

なぜ梅雨の時期に膝に痛みが出るのでしょう?

不快指数が増し、イライラしたり、なにかと気分が滅入ってしまう季節。

毎日の生活で注意したいことに気を付けて、少しでも快適に過ごしましょう。

  

梅雨の時に膝が痛くなる?

【梅雨や雨の時に、膝や関節などが痛くなる】ことはありませんか?

お天気、気象の変化により、体調に悪い症状が出ることを正式には天気病または気象病といいます。

梅雨の時期に起こりやすい症状

・身体がだるい、疲れを感じやすい
・頭痛、腹痛がよく起こる
・腰痛がつらい
・膝や関節に痛みを感じる
・昔の古傷が痛む
・アトピー性皮膚炎や気管支喘息などのアレルギー症状が出やすい
・気分が沈みがち、落ち込む
・イライラする、気分の起伏が激しい

・・・・・・・・など。

梅雨の時に膝が痛くなるのはなぜ?

では、そもそも【梅雨の時期に膝が痛くなるのはなぜ?】なのでしょう。

主な理由は、気温・湿気・気圧からくるものです。

梅雨の時期が近づいてくると、気温はやや低めになり、湿気は非常に高くジメジメしてきます。
また、雨の日は気圧が下がります。

湿度が上がると、皮膚からの蒸散が妨げられて体内に熱がこもりがちになります。
すると、自律神経は熱を発散させようと代謝を活発化させます。
そうすることで、痛みのコントロールにまで行き届かなくなってしまうのです。

また、雨の日は気圧が下がり、体内でヒスタミンという物質が増えます。
ヒスタミンは体に様々な影響を与えますが、主に、副交換神経への影響と血管の拡張があります。
副交感神経へ影響がおこり、自律神経のバランスが乱れます。

また、ヒスタミンが増えると関節が炎症を起こし、痛みを発生させます。
自律神経のバランスが崩れている所に更に痛みが加わるため、痛みが強く感じるのです。

環境が変化すると、身体はそれに対応しようとします。
すると、自律神経のバランスが乱れ、気分が落ち込んだり、身体がだるくなり、痛みに敏感になるなどの症状が出てきてしまうというわけです。

天気が不安定になる梅雨の時期には、自律神経も乱れ、色んな症状が出てくるんですね。

梅雨の時に痛む膝に、生活で注意したいこととは?

では、梅雨の時期をどうやって乗り越えればいいのでしょう。

【梅雨の時に痛む膝に、生活で注意したいこととは?】

まず、痛みの素であるヒスタミンを押し出すために、血行を良くすることが重要になります。

・血行をよくするにはお風呂!
ぬるめのお風呂にゆっくりつかりましょう。
血行がよくなり、痛みが少なくなります。
痛みを感じる部位をゆっくりとお風呂でほぐすと更に効果があります。
また、お風呂上りにストレッチをすれば血行のめぐりが更によくなるのでおすすめです。
湯船に浸かることでリラックスでき、気分転換の効果もありますしね。

・軽い運動をする
運動するといっても、梅雨の時期は外で運動も続きませんし、急な運動はかえって痛めることになってしまいます。
ですので、以下のような、家の中でできる軽い筋肉トレーニングのようなものがよいでしょう。

<太ももの筋肉トレーニング>
①椅子に腰かけ
②片足をあげ(膝をまげたまま)、太ももに力を入れて5秒ほど止める
③足を下げ、反対の足も同様におこなう
 これを10~20回繰り返す

次に、睡眠はしっかりとりましょう。
しっかり睡眠を取ることが出来れば自律神経のバランスが整い、痛みを和らげる事ができます。
ジメジメして不快な時期ですが、できる限りエアコンは使わずに除湿や扇風機(直接風をあてない)を利用して快適にするようにしましょう。

そして、食事にも気を付けましょう。

天気痛に効果のある成分としては、<ビタミンC・カルシウム・コラーゲン>があげられます。

・ビタミンCを摂取する
ビタミンCには、自律神経のバランスを整え、ストレスを減らす効果があります。
おすすめは、<パプリカ赤・黄>ビタミンCが豊富です。
また、アセロラジュースなど ビタミンCたっぷりのジュースは手軽に取り入れやすいですね。

・カルシウムを摂取する
カルシウムは骨を強くするだけでなく、痛覚がある神経をなだめる効果があるので天気痛を和らげる事ができます。
カルシウムの多い食品は、桜エビ・煮干し・チーズなど。
おやつにも取り入れやすいですね。

・コラーゲンを摂取する
コラーゲンは軟骨の主成分であり、すり減った関節を補強するので、天気痛の痛みのおおもとを軽減することが出来ます。
コラーゲンの豊富な食品は、豚足、軟骨、手羽先などですね。
おやつにゼラチン・ゼリー・マシュマロなどを頂くのもいいですよ。
ただ、コラーゲンを多く含む食品には、高カロリーのものが多いので、体重増加には気を付けましょう。

これらを上手に摂取していけば、痛みを和らげる事ができるので意識して取り入れてみてくださいね。
しかし、あくまでも、膝(関節)の痛み軽減の観点からとなりますので、そこはよく注意してくださいね。

また、それ以外の生活習慣にも注意したいことがあります。

<やめたい生活習慣>
・正座
・横座り
・体重増加
・重い荷物を持つ
膝に負担がかかる姿勢や体勢、行動は控えましょう。

また、甘い物や水分の取りすぎには注意しましょう。
クーラーの効いた部屋で快適に過ごし、汗をかかないこともよくないですね。
出来るだけ身体を冷やさず、軽い運動で汗を流しましょう。

★ただし、痛みが非常に強いとき、ひどい腫れや発熱があるときは、早めに受診をされることをお勧めします。
膝以外の関節にも炎症があったり、発熱などの全身症状があったりするときは、関節リウマチなど、ほかの病気の疑いもありますので、こちらも注意してくださいね。

まとめ

梅雨の時に膝が痛くなるのはなぜなのか。

生活で注意したいこととはなんなのか。

についてご参考になりましたでしょうか。

不快指数の上がる梅雨の時期、膝の痛みを少しでも和らげて過ごせるように気を付けてみてくださいね。

四季のある日本にいるのですから、梅雨の時期も少しでも楽しめるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました