ききたいこと帳

疑問など、ききたいことをまとめた帳面サイト

母の日にカーネーションなぜ?各色の花言葉は?花束か鉢植えか?

      2016/06/07

もうすぐ母の日ですね。

皆さんは、何を贈りますか?

お花といえば、カーネーションですよね。

でも、どうしてカーネーションなんでしょうか?

贈るカーネーションは何色でもいいのかしら?

実は、色ごとに花言葉が違うんですよ。

意味を知ってから贈った方が誤解もなくていいですよね。

また、花束にしますか?鉢植えにしますか?

よく考えて、大切なお母様に

母の日にカーネーションを贈りましょう!

  

母の日にカーネーションを贈るのはなぜ?

まず初めに、どうしてカーネーションを母の日に贈るように
なったのでしょうか?

アメリカでのアンナ・ジャービスという女性のお話から始まります。

アンナは、大好きで尊敬していた母親の命日(5月12日)に
教会で追悼式を行いました。

この追悼式で、参列者に母親が大好きだった白いカーネーションを配りました。

これが日本にも伝わり、母の日にカーネーションを贈るようになったそうです。

また、日本でも白のカーネーションは、亡くなっている母親に贈る色になっています。

母の日に贈るカーネーションも、色によって意味合いが違ってくるんですね。

母の日に贈るカーネーションは、何色でもいいの?花言葉は違うの?

では、カーネーションの色ごとの花言葉をみて、
母の日に何色のカーネーションを贈るのか考えてみましょう。

【赤のカーネーション】

花言葉 = 「母の愛・母への愛・熱烈な愛」
赤いカーネーションは、昔から母の日の定番の色です。

【ピンクのカーネーション】

花言葉 = 「感謝の心・熱愛・上品・感動」
やさしいピンクも人気です。
感謝の花言葉から選ばれることも多いようです。

【白のカーネーション】

花言葉 = 「私の愛情は生きている・尊敬」
白いカーネーションは亡くなったお母さんに
感謝の気持ちを込めて贈ります。
ご健在のお母様へ贈るのは避けた方が無難な色です。

【オレンジのカーネーション】

花言葉 = 「熱烈な心・純粋な愛・清らかな慕情」
明るいオレンジのカーネーションは恋人へのプレゼントが
多いようです。

【黄色のカーネーション】

花言葉 = 「軽蔑・嫉妬・美・愛情の揺らぎ」
黄色いカーネーションは、花言葉的には贈るのには
あまりよくないですね。
ただ、花言葉を気にしないのであれば、可愛い色ですし、
風水的には運気のいい色ですしね。

【青のカーネーション】

花言葉 = 「永遠の幸福」
青いカーネーションは珍しいので、プレゼントすると
サプライズになりますね。
花言葉も母の日にいい感じですね。

最近は、真っ青な色や七色なんかのも見かけますが、
あれは天然の色ではなく、白い花に色の水を吸わせて
作っているだけです。

どうでしたか?贈る色は決まりましたか?

花言葉を知って、花言葉と共にプレゼントしてみるのも素敵ですね。

ただ、お母様の好きな色をプレゼントするのが
一番いい気もしますよね。

お母様が花言葉など気にしない方なら、
好きな色でいいと思いますよ。

お母様のことを想って選んでいるその時間こそが
感謝の気持ちですよね。

母の日に贈るカーネーションは、花束がいい?鉢植えがいい?

色が決まったら、次は・・・

花束にしますか?

それとも鉢植えにしますか?

●花束

花束は、見た目が華やかです。
好きな花をまぜてみたり、予算に合わせてボリュームも
変えることができます。
水に混ぜると切り花も長持ちする粉みたいなのもありますよ。

●鉢植え

花束よりも長持ちします。
鉢も可愛いのがありますし、自然の美しさもあります。

●アレンジメントフラワー

オアシスという水を含んだ専用のスポンジみたいな台に
綺麗に花を挿してアレンジしたもの。
これも綺麗でお勧めですよ。

●プリザーブドフラワー

生花や葉を特殊液の中に沈めて、水分を抜いたもの。
これを綺麗にアレンジしたものが沢山でまわっています。
これは半永久的にもちます。

ご紹介したものでも、色んなアレンジのものがあります。

ご予算、好みで、お母様に素敵なカーネーションを

プレゼントしてあげてくださいね!

まとめ

母の日に贈るカーネーションの意味

色ごとの花言葉、花束か鉢植えか・・・などを

まとめてみましたが、ご参考になりましたでしょうか。

大切なお母様がのために、
感謝を込めてチョイスしてあげてくださいね。

 - 母の日 ,