ききたいこと帳

疑問など、ききたいことをまとめた帳面サイト

麦茶の作り方と保存のポットは?効果は?赤ちゃんには?

      2016/06/07

暑くなってくると飲みたくなるのが麦茶ですね。

喉が渇いたときに よく冷えた麦茶は最高です♪

香ばしい香りと味・・・ゴクゴク。

今年は、自分好みの麦茶を自分で作ってみませんか。

  

麦茶の作り方と保存ポットについて

美味しい麦茶をつくるには、まずお水ですよね。

水道水では、地方により味は変わってきます。

浄水器のお水の方がやはり美味しいと思いますが、

カルキによる雑菌の繁殖が抑える効果が得られない

ため保存期間は短くなります。

煮出すのであればどちらでもほとんど差はないでしょう。

麦茶パックで作る場合

【煮出し】

・ヤカンにお湯を沸かし、1Lに対し1パックを入れて5分程煮出す。
 (濃さは好みなので、水の量や煮出す時間は調整してください)

・煮出した後は、ヤカンごとそのまますぐに水に漬けて冷まします。
 ある程度冷めたら、冷却ポットにいれて冷蔵庫で冷やします。

【水出し】

・冷却ポットに水と麦茶パックをいれて冷蔵庫へ入れるだけですが、
 これでは色が出るのに時間がかかりますし、香りや味が薄い気が
します。

 ほんのひと手間加えてみるだけでかなり違ってきますよ。

   
・冷却ポットに少しお湯を入れて、そこに麦茶パックを入れ冷却
 ポットを振ります。
 麦茶の色が出てきますので、濃さは好みで色を見て そこに
 お水を追加して入れ冷蔵庫へ。
 
 香りと味が変わってきますので、一度、試して見てくださいね。

麦茶の粒で作る場合

・麦茶の粒を100均でも売っている出汁パックに いれて使います。

 煮出すと麦茶の粒が膨れるので、パックに 満タンに詰めるのでは
 なく、少し余裕のある大きさのパックを用意して余裕を残して詰め
 ます。

・ヤカンを火にかけ少し温度が上がってきたらパックを投入し
 そのまま煮出して3~5分ほど煮て火を止めます。

・蓋をしたまま30分くらい置いておくと、麦の粒が水分を
 吸って膨れて下に沈みます。
下に沈んだらヤカンごとそのまますぐに水に漬けてさまします。
ある程度さめたら、冷却ポットにいれて冷蔵庫で冷やします。

・もっと香りを楽しみたいなら、もうひと手間かけてみましょう。 
 使う分の麦茶の粒をフライパンで1分くらい乾煎りして使います。

 香ばしさが増して美味しくなりますよ。

★どの方法で作るかは、お好みですので
 色々試して、自分好みの麦茶を作ってみましょう!

さて、麦茶を保冷しておくポットについてですが

どんなものがいいのでしょう?

色んなものがでまわっていますが、大きく分けて
プラスチックかガラスの物ではないでしょうか。

プラスチックの方が軽くて持ちやすいかもしれませんが
(価格も安価かもしれません)、

洗いやすいという点では、ガラス製の方をお勧めします。
口も大きめの方がいいですね。

また、沢山つくる方や立てておく場所がないという方には、
棚にもおけるようになっている

横型にもなる物がいいかと思います。

デザインや価格帯も色々でているので、よく吟味して
みてください。

注ぎ口も色んなタイプがあるので確認するようにしてくださいね。

麦茶の作り方と効果

麦茶の効果について

実は、麦茶には驚くことに沢山のうれしい効果があるんです。

・体の熱を冷ます

・血液をサラサラにする

・冷え性の改善

・疲労回復

・胃の粘膜を保護する

・生活習慣病などの予防

・虫歯予防

・美肌効果  など

 夏の暑さで汗をかくことにより、体内の水分が失われ血液が
 ドロドロになります。

 麦茶にはビラジンという物質が含まれていて、血液をサラサラ
 にする効果があるそうです。

 水分補給と共に、ドロドロの血をサラサラにしてくれるんです。

 血流が良くなると脳へ充分な酸素が回るため、頭もスッキリ
 冴えます。

 また、血流がよくなるとこで、冷え性の改善や疲れにくい体に
 もなっていきます。

 これは有名ですが、麦茶にはミネラルを含まれています。

 筋肉の働きを助けるカリウム、メラニンの代謝を促進する亜鉛や
 コラーゲンを強化するケイ素などのミネラルです。

 ですので、汗と共に失われるミネラルを補うことができます。

 こまめに水分補給することで熱射病などを防ぐこともできます。

 他にも生活習慣病の予防、虫歯予防、美肌効果など・・・麦茶ってすごいんですね。

 こんなに優秀な飲み物だったんですね。

 昔からずっと夏に麦茶が飲まれているのには、それなりの理由があったんですね。

麦茶の作り方と赤ちゃんには?

麦茶、赤ちゃんに飲ませても大丈夫なんでしょうか?

はい、大丈夫です。

ただ、6ヶ月までは母乳やミルクだけで十分と言われています。

夏は汗をかきやすい季節です。

お風呂上りなんかも多量の汗をかいて、水分補給させてあげたいと
思いますよね。

あげる場合には、大人用に作った麦茶をそのままあげるのではなく
薄めてあげましょう。

赤ちゃんにはそのままでは苦いので、お湯で2~4倍くらいに
薄めてあげてください。

冷蔵庫で冷やした麦茶をそのままだと冷えすぎますし、温度的にも
お湯で薄めるのがいいでしょう。

また、赤ちゃんにあげるのであれば、大人用の麦茶も煮出して作って
くださいね。

大人用に作った麦茶(煮出して)を製氷トレイに入れて凍らせておけば
外出時などに役に立ちますよ。

そのまま哺乳瓶やマグにいれて持っていけば自然解凍されるので、
常温のお水で薄めて飲ませてあげられます。
(もちろん水道水は控えてくださいね)

まとめ

暑い夏に冷えた麦茶はたまりませんよね。

自分好みの美味しい麦茶を作って、この夏を健康に快適に乗り切りましょう!

 - 夏の暮らし ,