ききたいこと帳

疑問など、ききたいことをまとめた帳面サイト

お盆玉とは?いつから?決まり事はあるの?相場や専用の袋を紹介します。

      2016/06/07

お盆玉とは?いつから?決まり事はあるの?相場や専用の袋を紹介します。

お盆玉って聞いたことありますか?

いわゆる、お年玉の夏バージョンという事です。

「え~!?」いつから?

決まり事とかあるの?

お年玉をあげている人は、とても気になりますよね。

お盆玉という言葉は最近ですが、じわじわと定着しつつあるようです。

そこで、相場や専用の袋なども、今のうちに知っておきましょう。

  

お盆玉とは?いつから始まったの?決まり事とかあるの?

お盆玉なんて誰が考えたの!?夏にまで・・・。
とおもってしまいますよね。

でも実は、そういう習慣は昔からあったんです。

では、なぜ最近になってお盆玉なんて言い出して、広まりつつあるのでしょう。

【お盆玉とは?いつから始まったの?決まり事とかあるの?】

「お盆玉」という言葉は、2010年に山梨県のマルアイという会社が、お盆のお小遣い専用のポチ袋を「お盆玉」として作り発売したことがきっかけなんです。

さらに、2014年7月14日からは全国の郵便局で「お盆玉袋」が販売されたことにより、広く知られるようになりました。
郵便局から発売のニュースは、メディアで取り上げられたことで一気に広まっていったんですね。

言葉はなくても、昔からお盆の帰省などで、祖父母が可愛い孫にお小遣いをあげていたなんてことはあったでしょうからね。
そこを上手く利用?して、わかりやすく名前をつけたということですかね。

おじいちゃん、おばあちゃんは、孫が来てくれる、喜んだ顔が見れるということで、定着していくかもしれません。

決まり事は、特にはありません。
ただ、お盆玉としてあげるのであうから、「お盆玉」専用の袋に入れてあげるということです。

お盆玉とは?いつから?相場はどれくらい?

相場としては、お年玉と同じくらいか、少し少なめの金額が多いようです。
最初から多くあげてしまうと、後々、大変ですし、子供も当然になってしまうのはどうかと思います。

<一部の平均的な相場金額>
・小学生 1000円~3000円
・中学生 3000円~5000円
・高校生 5000円~10000円

あくまで参考程度と考えてください。

あげるかあげないかも、選択肢がありますし、あげるとしてもお金じゃなくてもいいと思いますよ。
小さい子だと、お菓子やおもちゃなんかのほうが喜ぶと思いますしね。

また、お年玉もそうですが、子供の数や付き合い方、家族、親類の考え方でも変わってきますので、よく相談して決めた方がよいでしょう。

お盆玉とは?いつから?専用の袋とかあるの?

近年は、夏の風物詩をデザイしたお盆玉用のポチ袋というものが色んな所で販売されるようになりました。

2014年7月14日からは全国の郵便局でも、お盆の時期に最適な小さなのし袋(ポチ袋)を「お盆玉袋」として数量限定で販売しています。
毎年、これくらいの時期に販売されます。

おぼんだま袋 小 (雲とひまわり) 3枚入り 162円(税込)
おぼんだま袋 小 (クマ)     3枚入り 162円(税込)
お盆玉袋 小 (カニ)       3枚入り 162円(税込)
お盆玉袋 小 (花模様)      3枚入り 162円(税込)
お盆玉袋 小 (金魚 箔仕上げ)   3枚入り 216円(税込)
お盆玉袋 小 (ひまわり 箔仕上げ) 3枚入り 216円(税込)

※2014年7月14日販売分より

今ではコンビニやショッピングモールなどでも、お盆玉用のポチ袋が販売されています。

種類も色々で、「おぼんだま」とかいてあるもの以外にも「ほんの気持ち」「すくないですが」「よくかえったね」など色んなものがあります。
柄も和柄や夏っぽいものを中心に沢山あります。

●「おぼんだま」ポチ袋のオススメ!

<手作りしてみましょう♪>
手作りといっても難しく考えないでください。
100均などで売っている、和柄の折り紙や千代紙を、適当な大きさに切って、折って、貼るだけです!
(和柄に限りません。)
そこに「おぼんだま」と書くだけです。
また、好きな言葉やイラスト、メッセージを書いてみてください。
売っているものよりも心のこもった、暖かいものが出来上がりますよ!

※新習慣やイベントは、難しく考えすぎに自分なりにアレンジして楽しんでみましょう!
お金をかけず、いかに楽しむか・・・相手の喜ぶ顔を想像してアイデアを考えている時って、自分も幸せな気分になりますよね。
ただし、最低限のマナーは守りましょう。

まとめ

「お盆玉」について綴ってきましたが、

いつから?決まり事はあるの?などの疑問は晴れましたでしょうか?

相場や専用の袋についても知っておいたうえで、家族で考えてみましょう。

 - 夏の暮らし , , ,